ゼニカルとは

みなさんはゼニカルをご存知ですか?
ゼニカルとは、簡単にいえば「食べても太らない薬」です。
「本当なの?」「怪しい物じゃないの?」と疑うような話ではありますが、ゼニカルの効果には根拠があります。

ゼニカルは1998年に、スイスの大手製薬会社である「ホフマン・ラ・ロシュ社」で開発、発売され、今では世界各国で人気のある薬です。
日本での知名度はまだ低いですが、肥満が社会問題化している、肥満大国アメリカでは、すでに肥満治療薬として認可も降りており、ゼニカルは安心安全に服用することができます。

ゼニカルは食前に服用することで、脂肪分を30%カットすることができます。
高カロリーな食事でも脂肪を体外に排出してくれるので、無理な食事制限や過度の運動の必要もなく効果的なダイエットができ魅力的です。
カロリーの高いグラタンや焼き肉、ラーメンなどをお腹いっぱい食べても、脂肪分を30%も排出してくれます。
1日3食バランスの良い食事を心掛け、ゼニカルを服用することで、理想の体型を手に入れることが可能です。 今まで幾度と無く失敗してきたダイエット、そのダイエットも、ゼニカルがあれば上手くいくかもしれません。

ゼニカルの成分、オーリスタット(オルリスタット)

ゼニカルの成分は、オーリスタットです。オーリスタットはオルリスタットとも呼ばれています。
それではオーリスタットの働きについてご説明します。
食事をすることで体内に入る脂肪分は胃中でトリグリセリドに分解されます。
しかしそのままでは分子が大きく、小腸壁をくぐり抜けることが出来ないため、肝臓で作られる「リパーゼ」という、脂肪が体内に蓄積されるように働きかける酵素の一種によって、トリグリセリドをグリセロールと脂肪酸に分解し、体に吸収されやすいようにします。
そしてその吸収されやすくなった脂肪酸が体に吸収されることで、脂肪として蓄積され、肥満になるのです。
そこでゼニカルの成分であるオーリスタットの出番です。
オーリスタットには、リパーゼの働きを阻害する作用があります。
このリパーゼの働きを阻害し、脂肪分を吸収されにくい形のままにすることにより、脂肪分は吸収されずに体外へそのまま放出されます。

しかし、注意したいのが、オーリスタットが効果があるのは、脂肪分の多い食べ物のみということです。
逆に、パンやパスタ、お米などの炭水化物はオーリスタットを服用しても吸収を阻害することはできません。
オーリスタットは脂肪分の吸収にのみ作用するので、糖質のカロリーはそのまま吸収されてしまいます。

脂肪分を30%カット!夏のダイエットにはゼニカルを!

ゼニカルと油について

ゼニカルは、効果の現れが目で見てわかる肥満治療薬です。
ゼニカルの服用によって、「脂肪分が体外へそのまま放出される」とご説明しましたが、その様子を目で確認することができます。

吸収されなかった脂肪分は油の状態でそのままおしりから出てきます。
それはまるでラー油のような色で、下痢に似たような感覚でおしりから勢いよく出てきてしまうので、注意が必要です。
気を抜いているとおしりから出た油で下着を汚すこともしばしあるので、替えの下着を持ち歩くなどの必要があります。
また、女性の生理用ナプキンを常におしり側に着用するなどで対応している人もいます。
この、おしりからの油の放出が心配な方はまずは慣れるまで、お休みの日にゼニカルを服用することをおすすめします。
さらにこの油により、トイレが汚れることもあるので、公共の場のトイレを利用する際には使用後の汚れの確認もするべきです。

他の肥満治療薬には、食欲を抑えたり、代謝をよくしたりする効果があるものがあります。
ただ、そういった場合は効果が現れていることを目で確認することは難しいです。
一方ゼニカルは、おしりから出た便の状態を確認すればその効果は一目瞭然です。
そういった、目に見える油などから、ゼニカルでのダイエットは続ける気持ちになるという方も多いのです。

ゼニカルの服用方法

ゼニカルは食事によって体内に入った食べ物の脂肪分を分解させないことで吸収を阻害し、体外に放出させる効果のある薬です。
したがってゼニカルの飲み方としては、食事のタイミングと合わせることが効果的です。
食べた物が消化吸収されてからでは遅いので、食事の最後か、遅くとも食後1時間以内に服用することが肝心です。

ゼニカルは1回1錠、1日に3回まで服用することができます。
痩せたいからと言ってそれ以上の服用は危険且つ意味のないことなのでやめましょう。

最も効果的な飲み方は、食後すぐに服用することです。
リパーゼの働きを阻害することができるので、基本的には食事の前ではなく、取った食事の脂肪分が吸収されやすい形になる前、つまり食後すぐに服用するのが効果的です。
服用する際は常温の水で飲むのがいいでしょう。

ゼニカルは脂肪分の吸収を抑える効果があるので、食事の際の脂肪の摂取量に合わせて、ゼニカルを服用するのも賢い服用の仕方です。
食事を抜いた時や、脂肪分が少ない食事をした場合は、服用をお休みするのがいいです。
しかし、食前や空腹時に服用するのもまた、効果がないのでやめましょう。
飲み忘れてしまった場合は、食後の1時間以内であれば効果を得ることができます。

ゼニカルでダイエットに挑戦しよう

ゼニカルでダイエットをする人は年々増えてきています。
それはゼニカルに効果がある証拠です。実際に、肥満大国アメリカでは肥満治療薬として服用されていますので医学的にも効果があるのは間違いないことです。
ゼニカルは服用すると食事の際の脂肪分が油となっておしりから体外に放出されるため、その目に見える効果から、「もっとも続きやすいダイエット」と感じる方もいるそうです。

ゼニカルでのダイエットで勘違いをしてはいけないのは、ゼニカルの成分、オーリスタットが作用するのは「これから吸収されようとしている脂肪分」ということです。
つまり、すでに吸収され、蓄積された脂肪には効果がないということです。

ゼニカル服用で満足に食事ができる代わりに、運動などをして蓄積された脂肪分を減らす努力は必要です。
運動が苦手な方も多いですが、運動は心身ともに前向きな働きがあります。
気持よく運動をして、お腹が減って、たくさん食事をしても大丈夫。
ゼニカルが脂肪分を吸収させずに体外に放出してくれます。

このように、ゼニカルでのダイエットには巡り巡ったメリットがたくさんあります。
是非一度、ゼニカルでのダイエットに挑戦してみませんか?

ゼニカルの購入方法(通販や病院処方)

ゼニカルの購入方法としては、個人輸入代行業者から通販で買うのが主流となっています。
それは、ゼニカルは世界中では多くの方が服用していますが、日本ではまだ認可が下りていないためです。
利用する業者は、安全性が高く信頼のおけるところから買うことが大切です。

ゼニカルを購入するのに、個人輸入代行業者を使用しない場合は、個人で海外の業者とのやりとりが必須です。
それは、海外への入金、海外からの発送なります。
しかしそれではかなりの時間がかかる上、言葉の通じないやり取りになったり、日本円での説明がなかったりするため億劫になる方も多いです。
そういった理由から、海外の企業と利用者の間に介入してくれる個人輸入代行業者に頼ることが簡単で安心といえます。

ですが稀に、人気商品ならではの「ニセモノ」を売ってお金儲けをしようとしている悪質業者もあるようで、注意が必要です。
個人輸入代行業者を見極めるには、サイト内にある口コミを読んだり、業者への連絡先がしっかりと記載されていることを確認しましょう。

また、場合によっては美容外科や内科などの病院で、処方してもらえる場合もあります。
しかし診察代やお薬代は保険適用ではなく、自費負担となりますので高額になるのでこちらは行く病院への事前調査が必要です。

ゼニカル(オーリスタット、オルリスタット)の通販はこちら

ゼニカル(オーリスタット:オルリスタット)通販