ゼニカル(オーリスタット:オルリスタット)の副作用

ゼニカルには副作用がでることがあるようです。
ゼニカル服用前にもゼニカルの副作用について学んでいきましょう。
これはゼニカルの特徴とも言えますが、頻繁な便意・おならや軟便になる、といった副作用があります。
食事で取った脂肪分が、無意識におしりから排出されることがあるので、ゼニカルを飲んだ日にはナプキンなどを当てておくといいでしょう。

他にはごくわずかですが、食欲がなくなったり、怠慢感に襲われたりする方もいるそうです。

ゼニカルは神経に直接作用するものではないので、人体には直接的な害は心配されていません。
また、このゼニカルの99%は体外に排出されるので命にかかわるような副作用は報告がありません。
起こりうる副作用は、先ほど述べた「頻繁な便意・おなら」や「軟便になる」、「食欲不振」等のみです。
副作用というわけではないですが、ゼニカルの効果により「ビタミンEが不足気味になる」といったことは起こります。
特にビタミンEの不足は、脂肪分の30%を排出してしまうため起こることなので、マルチビタミンなどと一緒に飲むことが必要です。
また、上記以外でもゼニカルを飲んで気分が悪くなったり、体に異変を感じた場合は病院に行くことをおすすめします。

ゼニカルの副作用で肺がんに?生理に異常?

ゼニカルで、肺がんになる、生理が止まる、など、恐ろしい副作用もネット上には溢れています。
まず、抑えておきたいことはゼニカルは肥満治療薬ということです。
噂されているこれらの副作用とは、肥満ではない人が飲んだ場合に、その可能性がわずかではあるが出てくることがある、といったレベルです。

ゼニカルは効果がはっきりと出るために、肥満ではない方が服用すると体調を崩してしまう恐れがあるということですね。
しかし実際に、ゼニカルは肺がんを誘発するという治験データも存在しているようですので、心配な方は医師に相談するといいでしょう。

また、生理が来なくなったり遅れたりする場合も同じです。
女性が急激に痩せたり、環境が少しでも変わると生理に異常がでることがあります。
ゼニカルで生理が止まるというのはゼニカルの成分オーリスタットによるものではなく、体型の変化によるものといえるでしょう。
ですのでゼニカル服用による直接的な副作用とは言い切れないでしょう。

このようにネットには様々な情報が上がってきていますが、実際にゼニカルの成分、「オーリスタット」によって起こることなのか、「痩せたこと」によって起こることなのかを見極める必要があります。

ゼニカル(オーリスタット、オルリスタット)の通販はこちら

ゼニカル(オーリスタット:オルリスタット)通販